片思いの相手に好意をそれとなく伝える方法

モテ女が使っている「思わせぶり」な仕草

特段ものすごく美人というわけではないのに、なぜかいつも彼氏が切れないタイプの女性というのはどこにでもいるものです。
恋愛に対して奥手であったり、ちょっと真面目に考えすぎてしまうタイプの人にとっては「どうしてあんな子がモテるの?」と不思議に思うところでしょう。
そうしたモテ女性というのは、生まれつきの性格として相手から好かれる方法をよく知っているというところに共通点があります。

人の気持はわからないとは言いますが、一般的な傾向としてどういったことをされた時人は相手に好意を持つかというパターンはだいたい同じようなものであったりします。

ですのでもし誰か好きな人がいて、相手との距離を少しずつでも縮めて行きたいと考えるなら、それとなく自分が好意を持っているということを伝えられる仕草をしていくようにしましょう。

自分が相手に好意を持っているということを間接的に示すことで、相手からの意識をこちらに向けやすくなるのでそこから恋愛感情に発展させやすくなります。

一般的に好意を示すテクニックとしては「身体の距離を近づける」「相手の名前をできるだけ呼ぶ」「相手の好きなものを好きになる」ということがあります。

身体的な距離感が心の距離感になる

遠距離恋愛が難しいのは、身体の距離が離れてしまうことにより気持ちを確かめることができにくくなるからだけではありません。
遠距離でいる間にお互いが他に身体的な距離が近い人ができてしまうからです。

心の距離と身体の距離というのは相関性を持つもので、最初はそれほど意識していたわけではない人も、毎日顔を合わせていると自然に親しみがわき、好意を抱きやすくなるものです。
ですので相手に好意を伝える最初の一歩は、できるだけ頻繁に顔を見せるようにしたりしてアクセス回数を増やすということです。

あまりにも露骨すぎると引かれてしまうこともあるので注意が必要ですが、電話ですむところをあえて会いに行ったりするなど細かく顔を見るようにしていくと次第に気持ちが打ち解けてきます。

少し親しくなったら、会話の間に相手の名前を積極的に入れるというのもテクニックの一つです。
相手に名前を呼んでもらうということも親しみを深めるためには単純かつ効果のある方法なのでぜひ実践してもらいたいです。

そして雑談として会話をするときに、相手がどういうものが好きかということが話題になったら、自分もそれが好きだということを伝えてみましょう。
もし全く知らないジャンルのことも「おもしろそう」「興味ある」といった反応をすることで、相手から「この人は受け入れてくれるんだ」という気持ちを伝えることができます。