デートのお会計時に気を付けるポイント

「お金に汚い」は女性にとっての大きなマイナスイメージ

デートという場面で何かと議論に成るのが男女どちらがお金を出すかということです。
昔のように男女の役割がはっきりしており、明らかに男性の方が給与額が高いことがわかりきっている時代なら、当然に男性が全額出すべきという価値観も通用しました。

ですが現在では若手社員では男女の給与額を区別しないということが常識になっており、女性でも高学歴で高収入な生活をしている人も増えたことにより前時代的な「男が出す」価値観は普遍なものではなくなりました。

しかしそれとは別に男女の交際という心理面から男性がおごるべきという価値観は依然として残っており、それに甘えるのが当然というふうに考えている女性も少なからずいます。

価値観の問題なのでどういうふうに考えるのが絶対的によいという決めつけはできませんが、少なくとも会計時のちょっとした態度によりお互いの印象が変わってしまうということはよくあります。

女性のデートでの行動で大きくポイントを下げることになるのが、この「おごられて当然」という態度です。
おごられて当然という態度は女性本人にしてみると「自分にはそれだけの価値があるから」という自信によるのかもしれませんが、お金を出す側にしてみれば「ケチ」「お金に汚い」「図々しい」といったふうに映ります。

自分の価値を不用意に下げないためにも、デート中の会計の場面にはお互い気持ちよく過ごせる気遣いをしていきたいところです。

断固としておごらせないというのも問題

よく言われるデートのマナーの一つが「会計時には財布を出して払う素振りを見せる」ということがあります。
仮に相手の性格的に絶対におごると言い出してくれることがわかっていても、きちんと自分でも払いたいという意志を示すことで相手の好意を上手に受けることができます。

女性とのデートでおごり慣れている男性になると、女性がトイレなどでちょっと席を立ったときにそっと会計を済ませておくなどさらに気の利いたことをしてくれますが、その場合にも「あらそう」という態度をするのではなくより一層感謝の気持ちを込めた「ありがとう」を言うようにしたいものです。

おごらせっぱなしがよくないとはいえ、その逆に絶対に相手におごらせないというのもまたデートという場面では問題です。
仕事関係の相手でもあるので公私混同をしたくないという目的があるなら別ですが、純粋にデートの場面で頑なに相手からおごられるのを拒否してしまうと、相手は自分の好意を拒絶されたかのような失望を受けることになります。

もしおごられて悪いなと思ったら「次回は私がおごるね」といった別の提案をするようにしてその場の好意は素直に受けるようにしましょう。